大麦若葉青汁ランキング|一番美味しい大麦若葉青汁はコレだ!

  
大麦若葉は●●科
イネ科は万能選手だらけ!!
大麦若葉は、イネ科の大麦を若いうちにその葉を刈り取ったものです。大麦若葉の写真を見ると分かりますが、青々しいものであることが分かります。 大麦というと、どこかで聞いたことがあると思ってしまいますが、ビールや麦茶の原料にもなっています。 また、和食で頻繁に使用される調味料である味噌や醤油にも使われています。日本では、すでに奈良時代には栽培されていたと言われており歴史があります。 そして、大麦は穂の部分より若葉にさまざまな栄養素が含まれています。 この他、イネ科の植物には竹や笹が有名ですが、動物の主食としての役割を持つものもあります。 全体的にイネ科の植物には、人間や動物が生きるための原材料であることも言えるでしょう。 また、イネ科の植物そのものが安全性が高い植物ということも、このように人間や動物の生命線という役割を果たせる要因になっているとも言えます。
なぜ若葉なの?

ポイント

大麦若葉は穂の部分より若葉の部分が栄養価が高いということが言えるのですが、若葉の部分だからこその栄養と成分があるのです。
大麦の栽培方法にも注目してみると分かりますが、大麦若葉は本葉が数枚出始めたころから、麦の苗の部分を踏むという作業が行われます。
これが、麦踏みと呼ばれる作業です。
この作業を行うことによって、折れた箇所から植物ホルモンが作られ、水分を取り込むために根や茎の数が増加するのです。
いわゆる、植物としての生命力が高まるとされています。
生命力が高いということは、それだけ栄養価が高くなるということは想像に値することでしょう。こうやって栄養価の高い大麦若葉が作られ、青汁の原材料に使用されて来たのです。