大麦若葉青汁ランキング|一番美味しい大麦若葉青汁はコレだ!

  
青汁基礎知識①
青汁の歴史

青汁の歴史は意外と長いと言われています。青汁の原材料に使われているものに注目すると分かりますが、ケールや大麦若葉などは九州産のものが多く見られます。
青汁は初期の頃は、九州地方でのみ飲まれていたものだったようです。

その後、その効果が全国区になり、まずい!というフレーズで知れ渡った青汁のCMや、バラエティ番組の罰ゲームなどで使われるようになってから、青汁=まずいが定着して来たように思います。
とはいえ、その栄養価については初期の頃から誰もが認めるものであったことは確かなようです。
ここ数年は栄養価はそのままもしくはそれ以上のものでありながら、飲みやすくしたという青汁が多く発売されるようになり、青汁=まずいも消えつつあるようです。

青汁が人気の理由

青汁が再び注目されているという理由はいくつかあるようです。その中でも、特に注目したいのが食物繊維が豊富で便秘解消効果があるということではないでしょうか。
たかが便秘されど便秘ということで、近年多い健康を取り扱ったテレビ番組においても、便秘の危険性とその他の病気を誘発するということが伝えられています。
腸内環境を良くするということは、身体全体に伝わっており、あらゆる病気を予防する効果があるのです。
そこで、薬ではなく健康食品で腸内環境を良くすることが注目され、その結果一番効果があるのが青汁と言われています。
便秘を解消することで、アレルギーやがんの予防効果もありますし、目に見えて腹部がスッキリし、ダイエット効果もあることから人気があるのも納得です。